管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

【忙しい方向け】出社前の早朝に筋トレすることをおすすめします。【朝活】

 

  • 筋トレしたいけど、忙しくて時間がない。
  • 夕方以降にジムに行くと毎回待ち時間が長い。
  • ジムのピークタイムはすごく混む。

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。

こんな悩みを持つ方向けに、毎日退社時間が20時前後の私から、時間がない方でも効率的に筋トレできる方法を紹介します。

結論を先に言いますと、朝に筋トレすれば待ち時間はほぼゼロで、サクサク筋トレできます。

そのため、圧倒的に24時間ジムをおすすめです。

 

<筋肉増量、健康促進目的でサプリメントをお探しの方へ>

下記の記事で筋トレ歴1年&風邪を引いていない歴1年の私が摂取しているサプリメントを紹介してします。合わせてご覧ください。

 

【随時更新】半年で筋肉量+4kgを達成した私がおすすめする筋トレグッズまとめ

 

スポンサードサーチ

ジム内がガラガラ

 

朝のジムは本当にガラガラです。待ち時間を気にする人には特におすすめします。

 

朝に筋トレする人は非常に少ない

早朝にジムを利用する人はダイエット目的の方が多いため、ランニングマシンやスピニングマシンを利用しています。

そのため、フリーウエイトエリアや筋トレマシンはとても空いているのです。

 

フリーウエイト、マシンは使いたい放題

上記理由のため、ベンチプレスなどのフリーウエイトエリア、チェストプレスなどのマシンエリアはほぼ使いたい放題の状態です。

私は主に横浜中田店、湘南台店、川崎店を利用しますが、どこも朝の6:00〜8:00の間は空いていました。

 

待ち時間ゼロ

ピークタイムである18:00〜21:00の間は、ほとんどのジムが混み合いますよね。

フリーウエイトエリアなんか30分くらい独占する人がいるため、待ち時間が半端ではないです。

諦めてマシンを利用する、、、なんてのも日常的ですよね。

しかし、朝は待ち時間ほぼゼロ。

以前は無駄な待ち時間のみで毎日30分くらいロスしていましたが、朝に筋トレするようになってからは本当に快適になりました。

「30分使ったんだから早くどいてくれ、、、」みたいなイライラ感も無くなったので、精神的にも余裕ができて一石二鳥ですね。

 

朝の筋トレはとても健康的

 

朝に筋トレすることは、時間的な効率を上げるだけではなく、とても健康的なのです。

 

必然的に朝ごはんをしっかり食べる

朝は胃の中が空っぽのため、身体に充分な栄養素が行き渡ってない状態です。

そこそこ筋トレ経験がある方は分かると思いますが、この状態で筋トレすると全く力が入りません。

普段はベンチプレス80kgをメインでやっている人でも、食事を十分にとっていない場合は70〜75kgくらいに落ちてしまいます。

これでは筋トレの効率がガタ落ちですよね。

炭水化物はエネルギーの源ですので、必然的にしっかり朝ごはんを食べるわけですね。

 

身体のリズムが整えられる

朝は副交感神経が優位な状態となっています。つまり、身体の休息機能に適した状態になっている、というです。

朝に筋トレすることで交感神経に刺激を入れ、自律神経のリズムを整えることができるのです。

小難しい表現をしていますが、要は朝に筋トレすることで、身体が休息メインの状態から活動メインの状態に切り替わるのです。

また、1日のウォーミングアップやコンディション作りのために、体温や血圧の調節がスムーズに促される、というメリットもあります。

 

代謝が上がる

人間は本来、朝の代謝量が一番多く、だんだん下がっていって夜の代謝が一番低い状態となります。

朝は早起きをして体を動かすことによって、体温を上げ、代謝量を上げることができるのです。朝の早い時間から代謝を活発にすることが出来れば、1日の代謝量も上げることができます。

デスクワークなどの日中体を動かす機会の少ない方でも、代謝が高まった状態で過ごすことができ、効率よく効果を出すことができます。

 

スポンサードサーチ

家族との時間を確保できる

 

夕方のピークタイムにジムに行くと、おそらく家に着くのは20:00〜22:00の間でしょう。帰宅が遅くなる分、家族との時間が減るのはとても勿体無いですよね。

 

帰宅時間が1〜2時間早くなる

当然ですが、筋トレする時間が朝に回りますので帰宅が1〜2時間早くなります。お子様がいる場合、これはかなりのメリットです。

子供は寝る時間が早いので、帰りが遅いとすれ違いが多くなります。

朝の筋トレに切り替えれば、子供と一緒に過ごせる時間が多くなりますし、一緒に寝ることもできますね。

 

家族と夕食を共にできる

自分だけ一人ぼっちの食事、、、忙しい人ほどこの状態が多いです。そして、その状態にあまり危機感を抱いていないことが多い印象です。

食事は、数少ない家族が面と向かって過ごせる時間です。

ぼっち飯をしている方は、今すぐ朝の筋トレに切り替えて、家族でご飯を食べましょう。

 

結果的に家族円満に

家族との時間が多くなれば、それだけ深い話をする機会も増えますよね。

奥さんや子供の日々の出来事を聞いてあげることもできますし、他人感がなくなるのが最大のメリットです。

朝のトレーニングは思わぬとこでも効果をもたらしてくれるのです。

 

個人的に感じる、朝の筋トレによるメリット

 

私個人が感じた、朝の筋トレによるメリットを紹介します。

 

パンプで身体がデカく見える

パンプによってスーツがピチピチになります。夏に半袖シャツから見える太い腕は相当カッコよく見えてるはずです。

会社に到着する頃には若干パンプ感が冷めていますが、いつもよりデカく見えるのは間違いありません。

朝筋トレで会社のみんなにデカイ身体を見せつけましょう。

 

仕事への集中力が増す

朝に筋トレすると身体のリズムが活動型に切り替わりますので、脳がめちゃくちゃ冴えます。

そのため、仕事への集中力は物凄く向上します。効率的に仕事を終わらせて定時で退社し、夜の22時前には就寝する。

早起きして筋トレするリズムが完璧に整えられていますね。

 

謎の自信が湧く

筋トレをすることでテストステロンというホルモンが分泌されるため、メリメリと自信が湧いてきます。

胸を張って堂々と出社して、ハッキリ自信を持ってミーティングをこなすことができるのです。

これはもう朝に筋トレするしかないでしょう。

 

スポンサードサーチ

朝に筋トレする際の注意点

 

これまでメリットばかり紹介しましたが、夕方以降にトレーニングする以上に注意が必要となります。

できればしっかりと読んでいただきたいです。

 

怪我、病気のリスク

朝起きてから3時間は脳が眠っている状態です。そのため、高重量でトレーニングしていると思わぬところで怪我をする恐れがあります。

また、起きてから筋トレまでは2時間はあけることがとても大事です。筋トレは心臓に負担をかけます。

起きてから1時間は魔の時間とも言われており、この時間に有酸素運動や筋トレをすると心筋梗塞になりやすくとても危険です。そのため、余裕をもって2時間は確保しましょう。

 

朝は水分が不足している

筋トレ前に水分をしっかりと摂取してください。

朝は血液がドロドロの状態になっており、そのまま筋トレをすると血圧が急上昇しやすく、下手すると脳出血などの危険性があります。

 

まとめ

朝筋トレすることのメリット、そして注意点を紹介しました。

朝トレは注意点を守れば本当にメリットだらけです。忙しい方、ピークタイムの待ち時間が嫌いな方は是非試してみてください。

 

本記事はここまで。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です