管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

【徹底比較】新型iPad Pro(2018モデル)はパソコンの代わりになる?

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。

以前、下記のツイートをしました。

 

 

当記事では、長年繰り広げられている

iPad Proパソコンの代わりになるのか」

論争についてお答えします。

 

2018/11/7に新型iPad Pro(2018モデル)が発売されました。私はiPad ProをPCの代わりとして運用しておりまして、現在6ヶ月ほど使い倒しています。

その使用感を当記事にまとめましたので、iPad Proの購入を検討している方の参考になればと思います。

ちなみに、私はかなりのPCヘビーユーザでして、iPad Pro購入前は毎日自宅PCを2時間ほど触ってました。システムエンジニアをやっておりますので、業務時間を含めると少なくとも10時間以上はPCと向き合っています。

 

さて、結論から申しますと、

「完全にPCからiPad Proへ置き換えることは難しい」

ですが

「ほぼPCと同程度、一部の作業ではそれ以上の作業が可能」

と感じました。

この結論を深掘りしていきたいと思います。

 

2019/1/9追記>

2018年モデルのiPad Proに関して、まとめ記事を作成しました。iPad Proを購入してから約5ヶ月間、ほぼ毎日2〜3時間使い倒している私が様々な視点からiPad Proを評価しました。

購入をご検討されている方向けに執筆しておりますので、合わせてご覧ください。

 

【随時更新】新型iPad Pro(2018モデル)|レビュー記事まとめ

 

スポンサードサーチ

なぜiPad Proは完全なパソコンの代わりにならないのか


私がPCに求める作業を優先度順にざっと並べてみました。ほとんどの方が同じような使い方だと思います。

まず、大きな作業単位だと

 

  • 文書作成
  • 写真整理&加工
  • データ整理、加工(主にエクセルでの作業)
  • 調べ物(論文、Webサイトなど)
  • 映画、動画視聴
  • 読書

 

細かい作業ですと

 

  • 複数アプリを起動しての並行作業
  • コピー&ペースト

 

私の場合、こんな感じになります。

主にブログ執筆周りと、その調査に使用することが多いです。たまにYouTubeやNetflixで動画を見ることもありますし、Kindleアプリで読書もします。

つまり、仕事っぽい作業と娯楽の両方の作業をiPad Proでこなしています。

これらの作業を実施してみて、私が求める大半の作業がiPad Proを用いて問題なく実施可能でした。しかし、さすがに完璧ではなくイマイチだなぁ、と思う作業もありましまた。

どの作業がイマイチだったのかというと、以下の作業です。

 

パソコンの代わりとならない理由その①:エクセルでの作業(データ整理、加工など)が難しい

エクセルでの作業に関しては、PCに敵いません。

マウスがないため、オートフィルやフィルタ機能、グラフの作成などがやりにくいのです。基本的に大量データの処理に向きません。

「そんなの既存のアプリでやればいいじゃん」という方がいらっしゃるかも知れませんが、自由気ままに分析したい人っていると思います。

そうなるとPCで操作するエクセルが非常に使いやすいんですね。ただ、頑張れば有料アプリなどで代替可能だと思います。

 

パソコンの代わりとならない理由その②:コピー&ペーストがモタつく

コピー&ペーストの範囲選択がモタつくのがとても気になります。

マウス操作であれば、直感的にサクサク操作可能でした。しかし、iPad Proの場合は指を長押しして選択、そしてコピーとなります。

作業の合間にワンクッションあるわけですね。サクサク作業したい人にとって、これはかなりのストレスです。

唯一の救いが、iPad Pro用のスマートキーボードを付けることで、PCでいうところのCtrl+C、Ctrl +Vが使用可能となります。

その他にも多数、PCと同じショートカットが存在します。面倒なのは「選択する動作」ということになりますね。

スマートキーボードに関しては下記の記事で詳細に深掘りしています。合わせてご覧ください。

 

 

iPad Proがパソコンに優っている点は?

 

下記の「私がPCに求める作業」において、大半の作業はPCと同じレベルで作業可能と書きました。

では、PC以上に使い勝手の良い作業はどんなものがあるか、をご紹介します。

 

  • 文書作成
  • 写真整理&加工
  • データ整理、加工(主にエクセルでの作業)
  • 調べ物(論文、Webサイトなど)
  • 映画、動画視聴
  • 読書
  • 複数アプリを起動しての並行作業
  • コピー&ペースト

 

パソコンより快適にできることその①:文書作成(ブログ執筆など)

私の場合、ブログ執筆はiPad Proで行なっています。

文書の作成はUlyssesというアプリを使用していまして、このアプリは文字を書くことに特化したデザインになっており、かなり文書作成が捗ります。

また、マークダウン記法が使用できるため、非常にスピーディに書くことができます。慣れると通常のHTML記法の1.3倍くらいのスピードで書くことも可能です。

執筆した文書をワードプレスへエクスポートできるのもかなり魅力的ですね。Ulysses導入後、ブログ執筆の作業効率は跳ね上がりました。

 

パソコンより快適にできることその②:場所を選ばず作業可能になった

何よりもPCより優っていると感じるのは、「PC以上の作業効率で場所を選ばない」点です。軽い&コンパクトで持ち運び自由なiPad Proは、控えめに言って最強です。

私は常にiPad Proをカバンの中に入れており、退社後にカフェでブログ執筆しています。

色んな環境で作業する方が良いアイデアが浮かんできたり、マンネリ化も防ぐことができます。何事も継続することが大事だと思っていますので、気軽に持ち出せることは最大のメリットですね。

自宅で作業する際も、デスクだったり、食卓だったり(たまに怒られますが)、台所で立ちながらだったり、かなりフリーにやっています。

ちなみに、外出先で作業することが多い場合、絶対にcellularモデルを購入してください。詳細は下記記事にまとめておりますので、合わせてご覧ください。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

PCヘビーユーザーが2ヶ月ほどiPad Proを使用し、PCとのできることの違いについて比較、考察しました。

これからiPad Proを購入しようとしている方、購入を悩んでる方の参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です