管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

【レビュー】エニタイムフィットネスが最強のジムである理由

 

  • エニタイムフィットネスの評判が知りたい
  • 24時間営業のジムで最もおすすめなジムは?
  • 泊りがけの出張が多く、ジムへ行けない期間が長い

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。今回はこういったお悩みに答えます。

結論から言いますと、仕事が忙しくてジムへ行く時間が取れない方はエニタイムフィットネスがおすすめです。本気で筋トレするのにも十分な設備があります。

ちなみに、私は3つのエニタイムを拠点として週5回筋トレしておりまして、そこそこ筋トレガチ勢を自負しています。

そんな私が1ヶ月間エニタイムフィットネスに通って感じたことをお伝えします。

 

2019/3/1追記>

現在ジム選びで悩んでいる方は、下記の記事も合わせてどうぞ。

それぞれのジムの特徴やマシンの充実度を紹介しておりますので、参考になるかと思います。

 

【レビュー】ゴールドジムの2WEEKトライアルに参加して感じた他ジムとの違い【主に設備でした】

 

【レビュー】筋トレガチ勢がスポーツクラブNASの評判を徹底解説します

 

スポンサードサーチ

フリーウエイトエリアがかなり充実している

 

割とフリーウエイトエリアが充実している店舗が多いです。本気で筋トレされる

方にとって、最も重要視されるポイントかと思います。

 

ベンチプレス、パワーラックが複数台完備

私が通う横浜中田店、川崎店、戸塚店にはベンチプレス、パワーラックが複数台完備されているため、ピークタイム以外ではほとんど待つことはありません。

忙しい方ほどこれは嬉しいですよね。

例えこれらの器具が埋まっていたとしても、エニタイムフィットネスはダンベルの重量がMAX30kg〜40kgまで用意されていることが多いため、何かしらのトレーニングが可能です。

トレーニングベンチは2台くらいしか配置されていないのですが、立ったままできる種目もたくさんありますので、私的にはそこまで問題ではないですね。

 

ハンマーストレングス製のマシンがある

ハンマーストレングス製のマシンがあるのは、私的には最大のポイントです。ハンマー製でなくても、プレートローディング式のマシンは大抵あります。

一般的なジムにはほとんど置かれていないマシンで、筋トレーニーにとっては憧れのマシンとも言えます。

このメーカーのマシンはフリーウエイトのような使用感があり、筋肉の発達に多大な効果があることが認められています。

動作中に負荷が抜けないことが特徴で、通常のマシンとは一味違った刺激が与えられるのです。

本気で筋トレされる方であれば是非ともジムで使用したいマシンですね。

 

最新の設備を完備

エニタイムフィットネスは比較的最近出てきたジムのため、最新の設備を揃えています。

例えば、ランニングマシンでYouTubeが閲覧できるなど。

新店舗は大抵新品のマシンを導入してるため、使用する際の不快感等は全くありません。どれも清潔です。

店内も非常にオシャレなため、かなりモチベーションも上がりますよ。

 

24時間営業かつ年中無休

 

エニタイムフィットネスは、全店舗が年末年始含めて24時間営業です。

 

24時間営業のため混雑する時間帯が分散される

大抵のジムは18:00〜21:00のあいだがピークタイムとされていますが、エニタイムフィットネスは24時間営業のため他ジムと比較してある程度混雑が分散されます。

とはいえ仕事帰りの社会人でそこそこ混み合うのは間違いありませんがね、、、

ピークタイムに快適に設備を利用したければ、高いお金を払ってプライベートジムを契約するしかないでしょう。

 

忙しい社会人は朝に利用することをおすすめ

忙しい方はピークタイムの利用は避け、朝にジムへ行くことをおすすめします。

私は1ヶ月の間、平日は朝の6:30〜7:30、土日は9:00〜10:30の間利用するというサイクルを組んでいました。

この方法であればフリーウエイトエリアで待たされることなく、快適にトレーニングができます。

どこのエニタイムフィットネスでも朝はガラガラで、いるとしても仕事前にダイエット目的でランニングしにくる方ばかりです。

私の場合、1ヶ月間で待たされたことは数回程度でした。(それもせいぜい数分程度です)

トレーニング時間をさらに短縮したいという方は、下記記事で紹介しているトレーニング方法と合わせることをおすすめします。合わせてご覧ください。

 

【忙しい社会人必見】短時間&効率を追求した筋トレ方法を紹介します

 

スポンサードサーチ

店舗数が圧倒的に多く、全国どの店舗でも利用可能

 

エニタイムフィットネスは国内の店舗数が300店舗以上です(2018年1月時点)。

日本に上陸してからまだ日が浅いのにこの店舗数は圧倒的ですね。

 

出張、旅行先でも活用したい

エニタイムフィットネスは大抵の主要都市にありますので、出張、旅行先でも十分活用することができます。

長期で出かける際にはかなり便利ですよね。

私は各地のエニタイムフィットネスを巡る企画を考えてたりします。聖地巡礼的な感じですね。

このような楽しみ方ができるのもエニタイム フィットネスならではです。

 

東京 or 神奈川ならばどこにでも店舗がある

東京、神奈川の店舗数がビックリするほど多いです。一駅ごとにあるのではないか、ぐらいの勢いです。

そのため、遊びに行った帰りにちょっとシャワーだけ、、、なんてのもできたりするわけです。

店舗によってはシャンプー、ボディソープを完備しているところもありますので、自宅のお風呂が不要になってしまいますね。

 

エニタイムに1ヶ月間通って感じたデメリット

 

ここまでメリットのみ紹介してきましたが、当然デメリットもあります。

 

他店舗を利用するのに若干の制限あり

契約してから1ヶ月間は他店舗を利用できないという制限があります。

これが意外と厄介で、私は平日は川崎店、土日は横浜中田店を利用したかったのですが、1ヶ月間はこれが実現できませんでした。

仕方なく横浜中田店に自転車で往復50分かけて通う羽目に、、、

決まりごとなので仕方ないですが、突発的なイベントに対応できないのは少し残念です。

 

ロッカー契約はメインで使用する店舗のみ

ロッカーの契約は月に最も利用数が多い店舗のみという制限もあります。

仕事前に行く場合はカバンの中に財布よりも貴重なものが入っている場合がありますよね(例えば客先入館証とか)。

エニタイムフィットネスは契約しないと鍵つきロッカーが利用できないため、貴重品は肌身離さず持ち歩く必要があるのです。

また、シューズやトレーニングギアをジムに置いておくこともできないため、仕事前後に行くのに少し不便なのです。

メイン店舗の切り替えにも最低60日はかかるとのことですので、ロッカー契約は慎重に行うことをおすすめします。

 

スタッフが常駐していないため、初心者向けではない

スタッフが常駐している時間帯が限られているため、マシンの使用方法を聞きたかったり、フォームを見て欲しいなどの要望は可能な時間が限られます。

初心者の方は特に分からないことだらけかと思いますので、最初はゴールドジムなどのスタッフが手厚いジムへ行くことをおすすめします。

ゴールドジムのレビュー記事は下記になります。よろしければご覧ください。

 

【レビュー】ゴールドジムの2WEEKトライアルに参加して感じた他ジムとの違い【主に設備でした】

 

スポンサードサーチ

まとめ

本記事は、私がエニタイムフィットネスに1ヶ月間通っての体験を元に執筆いたしました。

仕事が忙しくてジムへ行く時間が取れない方は、是非エニタイムフィットネスに通ってみてください。

もちろん筋トレガチ勢にもおすすめです。

 

本記事はここまで!それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です