管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

新型iPad Pro(2018モデル)を購入したことによる生活の変化を紹介します

 

BOSSくん

新型iPad Pro(2018モデル)が欲しいけど、結局使わなくなるのが怖いなぁ。iPad Proを買った人のリアルな経験談が聞きたい。

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。

iPad Proを購入してからほぼ毎日2〜3時間ほど使用している私が、iPad Proによって日常生活の中で変化したことを紹介します。

先に結論を言いますと、iPad Proは既に生活の基盤となっており、無くてはならないものとなっております。
ここらへんを深掘りしていきます。

 

<2019/1/9追記>

2018年モデルのiPad Proに関して、まとめ記事を作成しました。iPad Proを購入してから約2ヶ月間、ほぼ毎日2〜3時間使い倒している私が様々な視点からiPad Proを評価しました。

購入をご検討されている方向けに執筆しておりますので、合わせてご覧ください。

 

 

スポンサードサーチ

生活の変化その①:調べ物がとても楽になった

 

私は気になったことをすぐにググるタイプで、快適に調べ物ができる環境は特に重視してます。

 

ノートPC並みの大画面なのに、気軽に持ち運び可能

iPad Proはとても軽くコンパクトなので、気軽に持ち運び可能です。

そのため、自宅のどこにいても大画面で調べ物が可能になりました。

ちょっと不快に感じる方もいるかもしれませんが、トイレに持ち運んで作業することも可能です。時間の節約になるので、意外とおすすめです。

割と詳しいことが書かれているWebサイトは小さな文字でギッシリ書かれていることが多く、スマホだとかなり読み辛いんですよね。

しかしiPad ProならばノートPC並みの大画面なので超快適です。目の疲れが減ったこともメリットの一つですね。

 

スマートキーボードが超快適

ソフトウェアキーボードって誤タッチが多かったり、打鍵している感覚がないのでイマイチ楽しくないんですよね。

しかし、スマートキーボードであればしっかりとした打鍵感覚があり、普通のキーボードと同じ要領で作業可能です。私は調べ物をしながらメモを書くことが多いので、スマートキーボードは必須アイテムです。

下記の記事でもスマートキーボードについて詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

【レビュー】新型iPad Pro(2018モデル)の純正スマートキーボードは超おすすめ!保護カバーにもなりますよ。

 

生活の変化その②:映画、動画視聴がシームレスに

 

以前は映画、動画を見るのはリビングのみでしたが、iPad Pro購入後の動画視聴生活は激変しました。

 

自宅のどこでも大画面で視聴可能

映画は大画面であるほど迫力を感じます。

今までは、トイレや寝室でスマホからちまちま動画を見るしかありませんでしたが、iPad Pro購入後はいつどこにいても大画面で動画が楽しめるようになりました。

家中どこにいてもAmazonプライム、YouTubeが見られるのはとても快適ですよ。

 

外出先の暇つぶしアイテムとしても超便利

出先で待たされることがあっても、とりあえずiPad Pro片手にカフェに入るようになりました。

大抵のカフェにはWi-Fiが飛んでいるため、テザリングで通信容量を気にすることもありません。SIMカードを入れていれば、ちょっとした隙間時間にYouTubeを一本見る、なんてもの可能です。

この場合は通信容量を食うので、使うタイミングが限られます。

 

YouTubeの学習系コンテンツでスキルアップ

外出先での隙間時間は、自身のスキルアップに使うのがベストです。

10分程度で視聴可能な学習動画はいくらでもありますので、これは是非おすすめです。塵も積もれば山となりますので、空き時間をうまく利用する癖をつけましょう。

私がよく見るのは、ラジオ的に聞ける学習動画ですね。調べるとたくさん出てきますので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

スポンサードサーチ

生活の変化その③:家から本棚が消え去った

 

本棚が無くなったことで家が広くなり、とても快適になりました。

 

電子書籍に統一すれば本棚不要

漫画や雑誌は全て裁断して電子化することで、我が家の本棚は一掃されました。

さすがに学習系の本は紙ベースの方が頭に入りやすいのでデスクに置いてますが、現在は電子化しようか悩み中です。電子化する作業は割と手間がかかりますが、空いたスペースを有効活用できたりとリターンも大きいです。

下記の記事でもiPad Proを電子書籍用端末とすることについて掘り下げてますので、合わせてご覧ください。

 

【レビュー】新型iPad Pro(2018モデル)を読書用端末として使用するメリット・デメリットを紹介します。【Kindleアプリがおすすめ】

 

いつでもどこでも読書可能

紙の本はデカくてかさばるので、持ち運びには圧倒的に不向きです。

この問題は、家の本をiPad Proに全てぶち込むことで解決です。

その後はkindle本など、元々電子化されている書籍を購入すればよいので、とても楽になります。

 

結果的に知識が増える

本を買うことを躊躇うことが少なくなり、また、ちょっとした隙間時間に読書することが増えるため、結果として知識が増えます。

本棚を一掃して空きスペースを有効活用でき、さらに自身のスキルアップにも繋がるので、良いことづくしですね。

 

生活の変化その④:ブログ執筆がiPad Proのみで完結

 

iPad Proを購入してから、ブログ執筆でデスクトップPC、ノートPCを使うことがなくなりました。

 

隙間時間にブログ執筆

基本的に外出時はiPad Proを持ち歩いていますので、空いた時間を見つけては記事を書いています。

リュックの中に余裕で収まりますし、とても軽いので持ち運びを躊躇うことは一切ありません。作業環境が変わると良いアイデアが生まれたりするもので、iPad Pro購入後のブログ執筆はかなり捗っています。

 

ブログ用の画像編集はほぼ一瞬で完了

iOSのアプリに「ショートカット」があります。(以前はworkflowという名前でした)

このアプリは、決められた処理を決められた順番に実行してくれるもので、私の場合はブログ用画像を一括処理するのに活用しています。

画像のリサイズ、解像度の変更、ブログ用画像フォルダへの移動を一括で処理してくれるので、作業効率が格段に上がりました。

もはやこのアプリなしでブログは書けませんね。

 

仕上げもiPad Proで

記事自体はUlyssesというアプリで書いておりますが、仕上げはワードプレス専用のエディタで行なっております。

iPad Proにはワードプレス専用エディタが最適化されてないのか、若干使い辛いです。まぁ何とか出来ないことはない、って感じで使ってます。

仕上げに関しては、正直なところノートPCの方が便利ですね。

 

スポンサードサーチ

まとめ

iPad Proを購入したことによる、私の生活の変化を紹介しました。購入で悩んでる方の参考になればと思います。

本記事はここまでです。それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です