管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

【体験談】筋トレを継続したらアトピーの症状が改善された!?アトピー歴27年の私が実践した方法を紹介します。

 

  • アトピーで悩んでいる
  • 人前で肌を見せたくない
  • 掻きむしるせいで肌がきたなく見える
  • 人前で着替えたり、お風呂に入れない

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。

アトピー持ちの人はこんな悩みを持っているかと思います。そして、この記事を執筆している私も同じ悩みを持っていました。

軽く私のアトピー歴を紹介すると、まずはアトピー歴=年齢(27歳)です。

日常的な体験談として、夜中に掻きむしるせいで、布団が血だらけになっています。アトピーあるあるですね。笑

そして結構辛いのが、掻きむしったせいで全身が赤く、カサブタだらけになり、人前で着替えたりお風呂にも入れないという点です。書き連ねると結構ひどいですね、、、

 

そんな私ですが、現在筋トレ歴10ヶ月目となります。ここ3,4ヶ月ほど肌の調子がとても良くなり、夜中に掻きむしることが無くなりました。今までの27年間ではあり得なかったことです。自分のお尻がツルツルなのを始めて見たかもしれません。

何故改善されたのか気になって、ここ1年間の自分の行動を棚卸ししてみましたが、どう考えても筋トレを始めたことによるものだという結論になりました。アトピーで悩む方を少しでも減らしたいと思い、自分がアトピーを改善できた方法を紹介したいと思います。

本気で改善したいと思っている方は、ダメ元でも良いので試してみてください。
私の実体験と科学的根拠を元にしているため、少なからず効果はありますよ。

 

 

<筋肉増量、健康促進目的でサプリメントをお探しの方へ>

下記の記事で筋トレ歴1年&風邪を引いていない歴1年の私が摂取しているサプリメントを紹介してします。合わせてご覧ください。

 

【随時更新】半年で筋肉量+4kgを達成した私がおすすめする筋トレグッズまとめ

 

 

スポンサードサーチ

筋トレがアトピー改善に効果がある理由

 

科学的な根拠を元に、筋トレとアトピー改善の関係性を紹介します。

 

血行促進

アトピーの方は、冷え性の方が多いです。体の冷えの原因として血流が滞っていることが挙げられます。筋トレを行うことで継続的に筋肉が動くため、毛細血管が発達し、全身の血行が良くなります。

手足まで血液が運ばれるようになると、それまで冷えていた部分もあたたまり、固まっていた部分も動きやすくなります。

基礎代謝の向上

筋肉が増えると、それにともなって基礎代謝も向上します。

一切動かなくても、体内では生命活動を維持するために必要な心拍・呼吸・体温維持などが行われています。

基礎代謝とはこの活動で消費される必要最低限のエネルギーのことです。

筋肉量を増加させ、体の中で熱を生み出す力が強くなると、体内のエネルギーがより多く消費されていくため、痩せやすく、太りにくい体を作ることにつながります。

 

自律神経が整えられる

自律神経とは、自分の意識とは無関係に、必要最低限の活動(呼吸など)を調整する神経のことです。

筋トレをすることで自律神経を整える成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは筋肉量を増加させるだけでなく、お肌のハリやツヤを増やす作用もあるのです。

そのため、自律神経を整えることはアトピーにも効果的と言われています。

 

身体が引き締まる(シワが減る)

クビ周りや肘の内側って、特にアトピーが酷くなりやすい箇所ですよね。その理由は皮膚同士が擦れることで刺激が入るからです。

お腹周りのお肉がだるんだるんだと、シワになっている箇所の痒みが通常よりも増します。その対策として身体を引き締める、という方法があります。かなり原始的な発想ですが、物理的な要因を減らすのはとても効果的ですよ。

体を引き締める食事管理ダイエットに関してはこちらのリンクで詳しく解説しておりますので、合わせてご覧ください。

 

注意:掻き壊している人は食事改善から!

掻き壊して肌がボロボロの場合は、あまり激しい筋トレをおすすめしません。何故かというと、汗の刺激でアトピーが悪化する恐れがあるためです。

ですので、掻き壊して酷い状態の場合は、まずは食事の改善から入ることをおすすめします。

 

アトピー改善には意識の改善が必須

 

アトピー改善は一筋縄ではいきません。私の経験上、簡単にできるような方法では全く効果が出ません。
抜本的に生活スタイルを改善する必要があります。

 

生活習慣の改善

不規則な生活を送っていると、当然アトピーは悪化します。私にも遅寝遅起き、運動ゼロでストレスばかり溜めていた時期がありました。

この時期はアトピーが本当にひどく、飛火しまくって全身ジュクジュクの状態になってしまいました。

いくら色んな工夫をしても、生活スタイルを良くしないと根本的な解決にはなりません。

 

食事意識の改善

食事内容は本当に大事です。食べるもの次第で翌日夜の掻き具合が大きく変わります。

とにかく絶対NGなのがアルコール類です。血行が良くなり過ぎて夜中に大変なことになります。私が血だらけにするのは大抵飲酒後でした。アルコールは筋トレにも悪影響があり、アルコールが筋肉に与える影響は?実体験を交えて解説します。の記事でもその影響について詳しく解説しています。

他にもアトピーに悪い食べ物が多数ありますので、避けるべき食べ物一覧をご覧ください。

 

スポンサードサーチ

筋肉を付けるために食事を見直した

 

最初は筋肉を付けるための食事改善でしたが、結果的にアトピーにも効果的でした。一石二鳥ですね。

 

3食バランスの良い食事

絶対厳守なのが、朝、昼、晩の食事を抜かないことです。さらに言うと、3食の他にプロテインバーをかじったり、コンビニで買ったサラダチキンを食べていました。

食事で出来るだけ意識していたのは、サラダを食べることですね。筋肉の合成にビタミンは不可欠ですから。

よくたんぱく質を摂りすぎるとアトピーが悪化すると言われますが、私はそんなこと無かったですね。一日200gほどたんぱく質を摂取していましたが、悪化するどころか改善されました。

ここらへんは人によると思いますので、あまり極端に栄養を摂取せず、バランスを意識すると良いかと思います。

 

朝食は特に気をつけた

朝食は特に栄養を摂取するよう努めました。朝は身体のエネルギーが枯渇している状態でして、なるべく早く栄養を補給する必要があります。

そのために吸収の早い食事を摂るようにしていました。その代表がバナナですね。
朝はとにかく時間がないので、前日の夜にミキサーを使ってシェイクを作るのがおすすめです。

私のおすすめメニューはこちら。

 

  • バナナ 1本
  • ヨーグルト スプーン3杯
  • シリアル 30g
  • 牛乳 200mj
  • マルトデキストリン 40g
  • プロテイン 30g

 

日立のミキサーでゴリゴリ削って20秒くらいで完成です。混ぜる時に音は多少でますが、値段の割に性能、デザインが良いです。3000円程度のミキサーの中ではコスパ最強かと思います。

 

サプリメントを活用

野菜を食べろ!と言われても、値段が高かったり面倒だったり、続かないことが多いですよね。私もそのタイプです。リアルフードはとても大事ですが、足りない部分はサプリメントで補うようにしています。

例えば、ビタミン系はマルチビタミンでカバーしています。筋肉の合成に必須ですし、肌の調子を整えるのにも不可欠な栄養素です。

サクッと朝と夜に摂取でき、効果の実感もあります。私はお腹が弱くて、よく腹痛で下痢をしていたのですが、マルチビタミンを摂取してからピタッと止まりました。

ハッキリした理由は分かってないのですが、おそらく普段からビタミンを摂取できてないせいでお腹を壊してたのだろうと思っています。

 

 

体調を整える&筋肉合成の促進サプリとして、グルタミンも摂取しています。粉のタイプなので、朝はプロテインシェイクに投入し、夜は水に溶かしたプロテインと一緒に摂取しています。
これを飲んでからは風邪を一度も引いてませんし、肌もツヤツヤです。

 

 

普段魚類を食べない人はフィッシュオイルを飲みましょう。血液をサラサラにする効果があり、中性脂肪を分解する役割があります。つまり、血行が良くなる&太りにくくなる効果があるのです。

 

 

マルチビタミン、グルタミン、フィッシュオイルはとても安価なので、毎日飲んでもかなり低コストに抑えられます。まずは3ヶ月ほど試してみましょう。

私が日常的に摂取しているサプリは上記3点の他に、【随時更新】半年で筋肉量+4kgを達成した私がおすすめする筋トレグッズまとめでも紹介しています。あわせてご覧ください。

 

筋トレする時間を作るための行動とは

 

筋トレがアトピーの改善に効果があると分かっていても、中々時間を作れない事情もあると思います。そこで、私の実践している方法を紹介しましょう。

 

早寝早起きを徹底

私はジムで筋トレするために、朝の5時に起きています。

残業が毎日1〜2時間ほどあるため、退社後にジムへ行くとちょうどジムのピークタイムと重なってしまうのです。結果的に待ち時間のせいで時間が無駄になるので、退社後に行くことはおすすめしません。

朝のジムはガラガラなので、ほぼ使いたい放題のようなものです。しかも、早起きするために前日は夜の10時〜11時には寝るので、睡眠時間はバッチリです。

朝の筋トレは自律神経を整えるホルモンが大量に分泌されますので、アトピー改善にも効果的です。朝トレのメリットは【忙しい方向け】出社前の早朝に筋トレすることをおすすめします。【朝活】でも詳細に解説しております。合わせてどうぞ。

 

朝食は前日の夜に作り置き

朝起きてからジムへ行くまでの時間を短縮するために、朝食は前日の夜に作り置きしています。

と言っても凝ったものは作っていなくて、「朝食には特に気をつけた」の項で解説しているプロテインシェイクを作り置きしておくだけです。

朝に朝食をつくって食べると、私の場合は大体15分くらいかかります。しかし、作り置きしておくとたったの1,2分です。

短縮できる分睡眠を確保できる or ジムで長く筋トレできるので、朝食の作り置きはかなりおすすめですよ。

 

シャワー後の保湿は忘れずに

筋トレするために時間を作ることは勿論大事ですが、アトピーの人は超乾燥肌です。筋トレ後のシャワーを浴びたら、必ず保湿しましょう。痒みを抑えるためには必須です。
保湿することで肌にばい菌が侵入しにくくなるため、アトピーが悪化することも防げます。

時間短縮はとても重要ですが、アトピー改善の観点からすると保湿は欠かせない要素なのです。

 

スポンサードサーチ

筋トレでストレス発散

 

イライラしている時って無性に身体が痒くなりませんか?アトピーには心理的な要素も関係するのです。

 

アトピー悪化にはストレスの影響も

身体にストレスを感じたとき、アドレナリンが大量に分泌されて動悸が高まり、身体は「戦闘態勢」に入ります。この状態の時に、身体の痒みを感じることが多いとされています。

ストレスが去ると正常に戻りますが、社畜である私達は常に何らかのストレスに晒されています。

私は思春期にアトピーが超悪化したのですが、受験や進級、進学、交友関係の構築など、幼児期や学童期とは比較にならないほどのストレスがかかり、心身のバランスが崩れたことが原因なのだそうです。

 

筋トレは最強のストレス発散方法

控えめに言って、筋トレは最も効率の良いストレス発散方法です。

カラオケやボーリング、またはゲームなどでストレス発散をする人が多いですが、他人とのスコアを気にしたり都度お金が発生したり、コスパが悪いです。ジムに通うのならば、毎月7000〜10000円で毎日通えます。シャワーや温泉付きなので、ガス代も浮きますね。

なんといっても身体に変化が出るので楽しいですよ。自分の成長が数字で分かるのです、継続しやすいメリットもあります。仕事で精神的に疲れていても、身体を動かせば肉体の疲労に変換されるので、なんだか精神的にもサッパリするような感覚になります。

筋トレを継続する自信がないな、、、と思う方は【筋トレが継続できない方へ】週5で筋トレしている私がモチベーションの維持方法を伝授しますを読んでモチベーションを上げましょう。筋トレもアトピー改善も継続することが大切ですよ。

 

夜も快眠

精神的な疲れが肉体的な疲れに変換されるので、夜は吸い込まれるように眠ることができます。かつての私は身体をボリボリ掻いて夜中に目覚めることが多く、睡眠不足が続いていました。

筋トレを始めてからは、アトピーはかなり改善されて、尚且つぐっすり眠ることができるようになったため、仕事にもハリがでるようになりました。

もはやメリットしかありませんね。

 

まとめ

私の実体験を元に、アトピーを改善する方法をご紹介しました。

人によって効果の出方は違うとの意見もありますが、アトピーの改善には「とりあえず試してみる」の精神が大事です。

本記事で紹介した方法を、まずは3ヶ月試してみてください。アトピー改善は試行錯誤の繰り返しです。少しでも改善されることを祈ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です