管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

【徹底分析】筋トレを継続するメリットを3つ紹介するよ

 

BOSSくん

筋トレを始めたいけどイマイチモチベーションが上がらないなぁ、、、筋トレを継続するメリットを教えてほしい。

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。

先日にこんなツイートをしました。

 

現在、私は週5回の筋トレを1年ほど継続しております。このツイートを深掘りしていきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

体調管理スキル向上

 

筋肉の成長には体調管理は必須です。体調を維持するために様々な工夫をしています。

 

生活習慣の改善

筋トレを始めて3ヶ月ほど経過した頃、夕方7時以降にジムが激混みするようになってきました。当初はフィットネスが流行ってきてるんだろうな〜、と気楽に喜んでいましたが、マシンやフリーウエイトエリアの待ち時間が増えるようになってきたのです。

これでは帰宅時間が遅くなり、翌日の仕事にも悪影響が、、、と考えるようになりました。そこで、「朝筋トレすればいいじゃん」と思ったわけです。

退社後は真っ直ぐに自宅へ帰り、22時頃にはサッサと寝ます。代わりに朝の5時に起床し、早朝のジムへ通うようになりました。ガラガラなのでマシン使いたい放題です。

こんな経緯で、筋トレを最優先したところ早寝早起きの習慣がつき、飲み会なども翌日の筋トレを考えて控えるようになりました。結果として、生活習慣の改善に繋がったわけです。

 

食事の改善

筋肉の成長には食生活がとても大切。重要度でいうとトレーニング3割、食事7割とする考えもあります。

ただ闇雲に食事の量を増やしてもダメで、たんぱく質、炭水化物、脂質のバランスがとても重要になります。脂質は敬遠されがちですが、良質な脂質は積極的に摂取するべきなのです。例えば魚や植物から摂れる油ですね。

筋肉を大きくするために適切な食事管理をして、正しい知識を身に付ける。その結果、健康的な身体を手に入れることができたのです。

 

最強サプリメントであるグルタミンを摂取

風邪を引いては筋トレも仕事も満足にできません。体調管理の目的は、つまるところ風邪を引かないことです。

しかし、いくら生活習慣や食事管理を徹底しても、なるときはなってしまいます。さらに、筋トレをすると免疫力が落ちるため、風邪を引きやすい状態になるのです。

私の場合、食事のプラスαとしてグルタミンサプリを摂取しています。身体の免疫力を高めてくれ、なおかつ筋肉の合成を促進する効果もあるため、一石二鳥です。

私はグルタミンのおかげで筋トレ開始から1年間一度も風邪を引いていません。

グルタミンに関しての詳しい解説は【社畜必見】風邪予防のサプリメントはグルタミンがおすすめ【筋トレにも効果あり】」からどうぞ。

 

仕事効率化

 

筋トレは様々な管理の集合体です。筋トレは管理の勉強にもなるのですよ。

 

時間管理を徹底

筋トレの時間を意地でも確保するために、仕事でも様々な工夫をします。例えば、私は午前中が最も集中できる時間帯のため、定刻より早めに出社して仕事を開始します。早く来る分午前中の時間が単純に長くなるのです。

また、思考を巡らせる必要のある仕事は必ず午前中にやります。お昼ご飯を食べた後はペースが少しダウンするので、生産性が下がるんですよね。みなさんも覚えがあると思います。

こうやって、時間にメリハリを付けることで、効率的に仕事を終わらせます。晴れて定時までには仕事を終わられて退社できるわけです。

 

たまの高稼働もへっちゃら

さすがに毎日定時退社とはいきません。1週間に1度くらいは21時とかまで残業することもあります。私はSEをやっているので、突発的なトラブルが多いのです。

ですが、日頃からのトレーニングのおかげで体力には自身がありますし、しっかり食事を摂っているので定時後にぱったり集中力が途切れることはありません。

ちなみにプロテインバーも常備しているので、お腹が減っても栄養補給は問題なしです。

 

スポンサードサーチ

アトピー改善

 

私は27年間、重度のアトピーで悩んでいました。しかし、筋トレ開始から1年で改善に向かいつつあります。

 

適切な栄養補給で痒みを軽減

筋トレ開始以前の私はかなり偏った食事をしていました。週に数回ほどカップラーメンを食べていましたし、外食時はいつも油っこいものばかり注文。今考えるとありえない食事内容です。

筋トレ開始後は、たんぱく質、炭水化物、脂質のバランスを考えて食事を摂るようになりました。足りないと思われる栄養素はサプリメントから補給し、常に栄養満点の状態を作り上げてきました。

そうすると、段々と身体を掻きむしることが減り、ボロボロだった身体もツルツルに。掻き傷からでる血でよくベッドを汚していましたが、今では真っ白なままです。

アトピーの治療は塗り薬が基本ですが、食事管理でも痒みを軽減させることは可能だと確信しています。

ここらへんの詳しい記事は【体験談】筋トレを継続したらアトピーの症状が改善された!?アトピー歴27年の私が実践した方法を紹介します。からどうぞ。

 

トレーニングでストレス解消

アトピーとストレスは因果関係があり、ストレスを溜めるほど痒くなります。詳しい解説はアトピー悪化の原因はストレスにある!?アトピー歴27年の私が改善方法を紹介します。でも解説しています。

私は受験シーズンに特にアトピーが酷くなったのですが、解けない問題がでると無意識のうちに身体を掻いていました。

筋トレすることでストレスを発散でき、夜中もグッスリ眠ることができます。睡眠時に掻くと寝不足になり、その影響でストレスを溜めることも多かったのですが、筋トレ開始後はかなり改善されました。

 

早寝早起きでホルモンバランスを調整

ホルモンバランスの乱れは痒みの増加に影響します。毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きることで、ホルモンバランスは整えられます。

私は筋トレするために早寝早起きを実践しているので、結果的にアトピー改善に良い環境を作り出せていたのです。

 

まとめ

筋トレには様々なメリットがあり、思いもよらない効果を発揮します。私の場合はアトピー改善でしたが、皆さんにはもっと思いがけない効果があるかもしれませんよ。是非、筋トレを継続しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です