管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

アトピーはマジで辛い、、、でも良かったこともあります。

 

BOSSくん

アトピーで毎日辛い、、、友達からイジられるし、痒くて夜も大変。アトピーは辛いことばかりだけど、何か良いことってないのかな。

 

こんにちわ。BOSS(@boss_kintore)です。

アトピーは本当に辛いですよね。掻いた箇所は目立ってしまい、思春期ならばイジメにもつながります。

先日、こんなツイートをしました。

 

 

本記事を執筆している私は、アトピー歴=年齢。夜中に掻きむしるせいで布団が血だらけになるのは日常でした。最もアトピーが酷かった高校時代は、数々の失敗をやらかしてきました。下記の記事で紹介していますので、興味があればどうぞ。

 

【悪夢】重度アトピー持ちである私の失敗談を紹介【教訓から学べ】

 

辛い経験を挙げるとキリがないですが、実はアトピーで良かったな、と思えることもあります。本記事はそんな体験談を紹介したいと思います。

 

スポンサードサーチ

良かったことその①:熱湯シャワー

 

先に断言しますが、アトピーの人が熱湯シャワーをやるのは絶対NGです!

たまにネットで「熱湯シャワーは超気持ちいい!」という情報がありますが、あれは何の責任も持たない人が身勝手に発言しているだけです。マネするのは絶対にやめましょう。

 

とはいえ私も無知な時期がありまして、熱湯シャワーを試したことがあります。

痒みが強い箇所に熱々のシャワーを浴びせると、たしかに気持ち良いんですよ。ジワーッと身体に温もりが走り、理性に任せて思いっきり掻きまくっている感覚に近いですかね。

 

しかし、お風呂を上がった後が地獄です。傷口がジュクジュクになってしまい、ものすごく悪化します。私の場合はしばらく膿が出るようになってしまい、健康だった皮膚に飛び火してほぼ全身がボロボロの状態になってしまいました。

熱湯シャワーで気持ち良いのは一瞬です。そのあと数ヶ月間悪化して辛い目にあうのは自分です。ネットの情報にダマされず、制御しましょう。

 

良かったことその②:お肌の知識が豊富に

 

アトピーはお肌の病気。

お肌をキレイにするために、実にさまざまな勉強をしました。例えば、日本ではあまりスキンケアの文化がありませんよね。女性はスキンケアを頑張る人が多いですが、男性はほとんど放置ではないでしょうか。

 

実は、アメリカではお風呂上がりに保湿することが常識です。お風呂上がりは肌がとても乾燥するため、バイキンが侵入しやすくなります。保湿クリームをたっぷり塗ることで、皮膚にバリアを張るのです。

 

このような知識はアトピーにならなければ絶対に知ることのなかったことです。自分でネットから仕入れた知識も多々ありますが、最も質の高い知識はお医者さんから聞き出したものです。

私は病院へ行ってアトピーの薬をもらう際、必ず3、4点以上は質問します。内容は様々ですが、ネットの知識の裏付けとして質問したり、最近のお肌の悩みを相談しています。

 

正直に言って、薬だけもらって帰宅するのは非常にもったいない。せっかく知識豊富なお医者さんが目の前にいるのですから、ガンガン質問した方が良いのです。

質問する勇気がない人は、ささいな身体の変化でもよいので話してみてください。お医者さんの目線から色々なアドバイスくれるはずです。思わぬ発見があるかもしれないですよ。

 

スポンサードサーチ

良かったことその③:うんこ

 

アトピーを少しでも改善できないものかとお医者さんと相談した結果、割と取っ掛かりやすい「食事管理」という手法にたどり着きました。これはアトピーだけでなく、趣味である筋トレにも効果があると思って始めたのですが、予想を大きく上回る効果を発揮してくれました。

【体験談】筋トレを継続したらアトピーの症状が改善された!?アトピー歴27年の私が実践した方法を紹介します。」で私の実践した方法をより詳細に解説しています。

 

昔の私は油っこいものが大好きで、とんかつや唐揚げ、ラーメンなど気にせず食べまくる生活を送っていました。そんな生活を続けていたらアトピーが悪化するのは目に見えていますし、健康面でのリスクもかなりのものです。

 

揚げ物やラーメンなど、質の悪い脂質はなるべく抑えて、オリーブオイルや魚の脂質を積極的に摂るような食事スタイルに変えました。また、朝、昼、晩の3食は絶対に抜きません。

特に朝食を抜くのはNGです。アトピーはホルモンバランスの乱れも影響するので、必ず決まった時間に朝食を摂ります。私の朝食は5時くらいですね。

栄養バランスも重要でして、たんぱく質、炭水化物、脂質はかなり気を使ってコントロールしています。特に炭水化物で気をつけているのは、「食物繊維」です。玄米や麦、さつまいもを組み合わせて良質な食物繊維を摂っています。

 

それに加えて野菜からビタミンやミネラルも摂ります。不足しているなと感じる栄養素はサプリメントで補うのです。私の愛用するサプリメントは下記記事で紹介していますので、合わせてどうぞ。

 

【随時更新】半年で筋肉量+4kgを達成した私がおすすめする筋トレグッズまとめ

 

これだけの食事管理を徹底することで、アトピーは少しづつ改善されます。改善の証として、大量のうんこが出るのです。

 

まとめ

アトピーはとても辛い病気。

でも、自分の努力次第で改善することも可能なのです。辛い経験ばかりに注目せず、前向きに捉えることも大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です