管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

【大暴露】Fラン大学に行く意味はあるのか!?卒業生の実体験を紹介します。

 

BOSSくん

Fラン大学に合格したけど、わざわざ奨学金を借りてまで行く意味はあるのかなぁ。Fラン大学の卒業者の意見が聞きたい。

 

ネットでは「Fラン大学なんて行く意味はない!高卒で就職した方がマシだろww」みたいな意見が溢れかえってますよね。Fラン大学生はそれを見てさぞ不安になることでしょう。

軽く私の自己紹介をしますと、偏差値40台のガチFラン大学の卒業生です。しかし、現在は東証1部上場企業に就職して3年が経過します。学業に本気で打ち込んだとは言えませんが、就活ではかなり無双できました。

みなさんの先輩である私が断言しますが、Fラン大学でも行く意味は大アリですよ。逆に浪人してまで上の大学を目指すのは愚の骨頂ですね。

とはいえ、Fラン大学へ行く価値を上げるにはただ何となく大学へ通うだけではダメです。それこそ行く意味なくなっちゃいますよ。

ここらへんの事実を解説していきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

そもそも大学に行く意味ってなに?

 

高校3年生くらいになるとそろそろ大学受験か、、、みたいな感じで深く考えずに勉強しますよね。大学に行く意味を考えたことはありますか?

 

専門的なことを勉強するため→✖️

中には電気電子工学が大好きでその分野を極めたい人もいるでょう。ですが、ほとんどのFラン大学生はそこまで考えてないですよね。

そもそも、大学で学んだことを企業で生かせるパターンってすごく少ないんですよ。

基礎的なことは知らないとマズイですが、大学で学んだ応用的なことってかなりマニアックなんですよね。大学4年生になると研究室やゼミに配属されますが、超最先端のことをやらされます。たとえFラン大学でもね。

企業って、割と使い古された実績のある方法を取りたがるので、最先端のことなんて知らなくても何の問題もないのです。

そういった意味では、専門的なことを勉強するために大学に行くのはどうなのかな、、、と思います。

 

親に行けと言われたから→✖️

1番ダメなパターンがこれ。親に言われたから、あるいは友達みんな行ってるから自分も当然進学でしょ、、、みたいな考え。

主体性がなく、周りに流されて大学進学した場合、学生生活のほとんどをダラダラ過ごしてしまうことが多いです。

現在もこの状態のFラン大学生は、るべきことをハッキリさせる必要があります。

 

新卒カードを手に入れる→◯

大学卒業で得られる最も価値のある資格。それは新卒カードです。他の方法では絶対に得られない、まさに大卒者だけが手に入れられる資格なんです。

私が誰かから大学に行く意味を聞かれたら、一番初めに「新卒カードが得られること」と答えますね。それくらい貴重&重要。

東京大学だろうと地方のFラン大学だろうと、等しく配られる資格です。これが得られるだけでもFラン大学に行く価値はあります。

 

4年という莫大な時間を買う→◯

大学に行く意味のもう1つの答えが、4年という莫大な時間を得ることです。社会人になってからここまでの莫大な時間を作るのはほぼ不可能です。

これも、東京大学だろうとFラン大学だろうと等しく得られる時間です。何に使うかはかなり慎重に考える必要があります。

 

Fラン大学生が価値を上げるには

 

新卒カードと4年間という莫大な時間は、大学に進学するだけで手に入ります。しかし、それをどう使うかによってFラン大学生の価値は大きく変わりますよ。

 

Fラン大学生の価値を上げるのは圧倒的な実績

Fラン大学に入学した時点で、学歴の価値はほとんどないに等しいです。悲しいですが、これは現実です。

しかし、学歴社会なんてのはとっくに廃れた文化です。学歴で判断してくる人なんて60代以降の老害だけですよ。Fラン大学生が価値を上げるには、圧倒的な「実績」が必要です。

実績が具体的に何なのかというと、例えば

「自分でビジネスをやっており、月にXXXX円の利益があります!」

とか。ビジネスって聞くとちょっとハードルが高く感じるかもしれません。

そんな方たちに私がおすすめしたいのは、ブログ運営です。Fラン大学生でもサクッと始めることができます。ブログは取っ掛かりやすい割にガチのビジネスなので、超勉強になりますよ。

Webマーケティング、Webライティング、プログラミングなどなど、、、実に様々なスキルが身につきます。

自分の価値を上げたいFラン大学生は、まずは「やってみる」ことから始めましょう。ブログを始めるならば、下記のリンクからどうぞ。

 



 

莫大な時間は「挑戦すること」へ投資しよう

4年間という時間の使い方はとても大事です。ダラダラ過ごすのも、1つのアルバイトに没頭するのも自由ですが、これでは他の大学生との差は付けられません。有象無象のFラン大学生としてしか扱われません。

この貴重な時間は、全て実績づくりのために投資しましょう。ブログ運営がおすすめと書きましたが、新しいことへの挑戦であれば何でも良いです。

例えば、色んな業界のアルバイトを挑戦するのはアリかもしれませんね。1つの業界に縛られると価値観が偏ってしまいますが、複数業界であれば色んなことが見えてくるはず。

4年という時間は長いようで短いものです。うまく時間を使って多様な価値観を身に付けましょう。

 

スポンサードサーチ

Fラン大学に行くデメリットはあるの?

 

ちょっとだけ注意事項があります。Fラン大学にはダメダメやつが多いので少し紹介します。くれぐれもそんな人たちに流されないようにしましょうね。

 

学生の知能レベルが低いのは事実

偏差値40台だから仕方ないですね。ほとんどのFラン大学生は勉強ができません。それだけならまだマシなんですが、中学生並みに知能レベルが低い人もいるんですよ。

講義を妨害するやつなんかもね、、、

でも大丈夫です。そんな人は大抵1年目で退学しますから。

 

周りに流されやすい人は要注意

周りがバカばっかりやるせいで、自分も同レベルに落ちてしまうことがないように注意してください。

この記事を読んでいる方なら大丈夫かと思いますが、学生生活でやるべきは圧倒的に挑戦することのみです。バカな人は無視しましょう。

 

まとめ

Fラン大学であろうと東京大学であろうと、結局大事なのは実績です。企業は、学生がどれだけのことに挑戦してきて、どんな経験を積んだかを評価します。

Fラン大学生だからといって卑屈にならず、周りとの差をつけるために圧倒的な挑戦していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です