管理人が半年で筋肉量+4kgを達成した筋トレグッズ

ガチFラン大学生が一部上場企業に就職するためにやるべきこと【2つある】

 

BOSSくん

Fラン大学に通っているけど、就活が心配だなぁ。1部上場企業に就職したいけど、周りの就活生は高学歴ばかりだろうし、、、今からできることはないかなぁ。
[/say]

 

Fラン大学生が最も不安に思うこと。それはもちろん就活ですよね。現に、就活の場では周りは高学歴ばかり。ハッキリ言って嫌になりますよ。

しかし、Fラン大学生だからって卑屈にならず、今のうちから色々な行動を起こすことが大事。現在大学3年生の方でも行動するのに遅いなんてことはありません。

ちなみに私の経歴はというと、ガチのFラン大学を卒業して3年が経ちます。この記事を見ているあなたの先輩ですね。笑

こんな私ですが、1社目の面接で東証1部上場企業に内定しました。その時の人事からの評価はS評価。面接は3次までありましたが、2次面接ではその場で通過のお達しがでたほどです。自画自賛ですみません。

そこそこの会社に就職できた私が、現在Fラン大学に通う学生に

「これをやっとけば周りとの差がつくよ!」

と確信している方法を紹介します。

 

スポンサードサーチ

その①:ブログを書こう

 

この時点で面食らった学生さんも多いかと思います。しかし、ブログを書くことって、個人として実行可能なビジネスとしてはとてもハードルが低く、取っ掛かりやすいんですよ。

 

物事を深掘りする力を身につける

就活する際に、必ず自己分析しますよね。大学3年間で自分は何をしてきて、どんなことができるようになったのか。こんなことを徹底的に分析させられるかと思います。

これが大学生の最初の壁なんですよ。だって、これまで自分を振り返ることなんてことは一切やらないですし、急に「自己分析やれー!」なんて言われても何をどうすればよいのか分かりませんよね。

こんな手詰まりな状態にならないためにも、私からはブログを書くことをおすすめしたいです。

ブログ執筆で1番大事なことって、物事をどれだけ深掘りできるかなんですよ。

そしてこの力を身につけるには、まずは量をこなすこと。圧倒的に記事を書くのです。

普段からブログを書いていれば、自己分析なんてただのブログの延長です。質の高い分析がスラスラできるようになりますよ。

これで周りとの差をつけるのです。

 

自分の力で稼ぐ感覚を身につける

「学生時代に自分のビジネスをやってました!」

これが言えるのって、就活でとても有利になると思いませんか?

ブログはただの日記ではなく、誰かの役に立つ情報を提供して、その対価としてお金を受け取ることのできる立派なビジネスなんですよ。

記事を10個くらい書いて気づくと思いますが、たった1円稼ぐだけでもすごく大変なんです。おそらく1円に辿り着くまで数ヶ月かかると思います。

稼ぐためには様々な勉強が必要で、Webマーケティング、Webライティング、世の中で流行っていることなど、、、実に覚えることが多い。これができて、ようやく月に数千円稼ぐことができるのです。

この大変さを理解している学生さんは、そういないでしょうね。社会人でも少ないんですから。

「自分はこんなビジネスをしていて、こんな分析、対策を打ち、現在は××円の売り上げが

あります!」

なんて言えたら周りとの差は圧倒的じゃないですか?ブログを始めるならば下記のリンクからどうぞ。



言語化する力を身につける

思っていることが言葉にならない、なんて経験ありますよね。これ、何も考えず遊びまくってる学生さんに多いんですよ。

なんで言葉にできないのかというと、言語化する能力が足りてないからです。普段から意識して発信しない人って、自分の考えを言葉にできないんですよ。「スゴイ」とか「ヤバイ」で済ましてしまってるんです。

思ったこと、感じたことを言語化する能力は当然のように面接の場で求められます。

「このことについてどうお考えですか?」

面接官のキラーパスに対応できるか否かは、評価にかなり影響しますよ。

この力は、日々情報を発信し続けることで身につきます。ブログで自分の考えを整理して記事にするのもアリですし、TwitterやFacebookなどのSNSで発信するのもいいですね。
言語化能力も、結局は数をこなさなければ感覚が掴めませんので、まずは「やってみること」ことをおすすめします。

 

その②:派手に遊んで経験を積もう

 

学生のうちは割と時間がありますよね。派手に遊んでください。ただし、ちょっとした注意点はあります。

 

注意:「遊ぶ=挑戦」

社会人の先輩からこんなことを言われた経験はありませんか?

「学生のうちにめっちゃ遊んでおけよ!」

この言葉をそのままの意味で捉えると大変なことになります。チャランポランなまま卒業することになっちゃいますよ。

この言葉の意味することは、「学生のうちに色んなことに挑戦しろよ!」であると私は思っています。厳しい現実ですが、大学生ほど時間を持て余すことはこの先ずっと来ないと思ってください。

時間があるうちに様々な挑戦をするのです。私が最もおすすめするのはブログですが、世界各地を旅行しまくるなり、色んなスポーツに挑戦するなり、何でもOKです。

常に新しいことにチャレンジすることで、色んな人と関わり、多様な価値観を身につけるのです。そして、社会人になる前に挑戦することへの不安、恐怖を無くしましょう。

 

色々な価値観を身につけよう

挑戦することは色んな価値観に触れること。狭い大学内やバイト先での価値観に染まってしまうと、人生楽しく無くなりますよ。

圧倒的に行動する人ほど、実に面白い価値観を持っているものです。そんな人たちに出会うには、やはり挑戦し続けるしかないんですよ。ちなみに、失敗しても全然大丈夫。むしろ失敗することで得られる経験はプライスレスです。挑戦と失敗を繰り返し、徐々にステップアップしていけばOK。

こうした経験は就活の場で間違いなく生きてきます。ライバルとの差をつけるのは、圧倒的な挑戦&失敗の積み重ねですよ。

 

スポンサードサーチ

まとめ

Fラン大学だからって卑屈になり、くすぶってる人をよく見かけます。でも、そんな理由で努力や挑戦を諦めるのはもったいない。

社会で活躍できるかどうかは、学生時代にどれだけの挑戦と失敗を繰り返したかによると思います。

この記事を読んでいるFラン大学生の方には、ぜひ行動して欲しいです。まずはサクッとブログでも始めてみるのはどうですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です